日々BL(旧舘)

突如商業BLにハマったころりが感じたことを記録していきます。引っ越しましたので、こちらには当分更新情報を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イトウさん 【冥花すゐ】

これは…ヘヴィーですね


※Renta!で電子配信始まりました(2015/11/17)
イトウさん

イトウさん

イトウさん

[著]冥花すゐ




イトウさん (EDGE COMIX)amazon
毎週火曜の夜、娼夫・キョウスケのもとに通い
夜明けまで他愛のないことを語り、帰ってゆく謎の男"イトウ"。
ある日、アタッシュケースに一杯の札束を持って
「仕事をやめて好きなことをしてほしい」とキョウスケに手渡そうとするが…。(amazonより)

闇社会の男と男娼の関係と聞いて
興味をそそられていた「イトウさん」
冥花すゐ先生、初めてのBL単行本ということです。



***↓ネタバレあります↓***








プロの男娼キョウスケと、毎週火曜日に彼のもとに通い、ただ話をして帰っていく謎の男「イトウ」

ある日イトウがアタッシェケースいっぱいの現金をキョウスケに渡し、仕事をやめるように勧めるところから物語は始まります。

金を断り、代わりにイトウに抱かれるキョウスケでしたが、自分を「お姫様をエスコートするように」優しく扱うイトウのことが気になり始め…


穢れのなかにある無垢と無垢が惹かれあうドラマ

育った環境は違えど、それぞれ愛を知らずに育ったキョウスケとイトウ。
無表情の中に深く沈めた、2人の無垢な心が浮き上がってきて惹かれあう。

それは、甘い初恋であり、子が親に求める絶対的な愛であり、行き着く先であり、夢であり。

唯一無二の絶対的な存在としてお互いを思いあい、泥のような闇社会の中から2人で抜け出そうともがく様が、せつなく、苦しいです。

イトウの不器用な優しさと、恋に落ちたキョウスケがみせる笑顔がかわいくて、余計にせつなくなります。


僕は"イトウ"だ。 君がそう呼んでくれたから

なぜイトウがキョウスケのもとに通い、大金を渡して仕事をやめさせたかったのか
その理由がこの一言に含まれています。

名前も感情を持たない殺し屋が、名前をもらった瞬間に感情を得て恋に落ち、私情で人を殺す。

一方、愛を与えられずにどんな男も受け入れてきた男娼が、愛情と優しさをもらって初めて愛のないセックスを気持ち悪いと思うようになる。

もう2人は闇社会では生きることができない。

それまでの自分のすべてを捨てて、純愛に生きようとする2人を待っているのは…


痛いのだめな方要注意

香港ノワール映画風のボーイズラブなのかな?と予想していたのですが
ノワールの部分は完全にヘビー級

イトウ、キョウスケ、それぞれの仕事の絡みでかなりきつい暴力シーンがあります。

私は割と耐性のあるほうだと思っていましたが、正直重すぎてちょっとキツかったです。
暴力的な表現に耐性のない方、疲れている時には控えたほうが無難かと思います。

たれ目の優しい殺し屋

最初に読んだ時には、暴力描写のインパクトのせいで「面白いけどヘビー」という印象が強かったのですが、
一晩あけてレビューを書くために3回読み込んだ結果、イトウの無垢で強い愛情がじわじわと理解でき、せつなさがアップしました。

エロに関して言えば、キョウスケが男娼なのでそういうシーンはわりとあるのですが、
地下室でイトウさんの「君を抱くよ いいね…」(このイトウさんはイイ)からのシーンのキョウスケの初々しさっぷりにすごく萌えました。


イトウさん (EDGE COMIX)
スポンサーサイト




★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

  1. 2015/08/21(金) 01:00:44|
  2. 冥花すゐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。