FC2ブログ

日々BL(旧舘)

突如商業BLにハマったころりが感じたことを記録していきます。引っ越しましたので、こちらには当分更新情報を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パパ’s アサシン。~ダニエルは飛んでゆく。~ 【SHOOWA】

2巻はパパのターン パパの大人の色気を堪能♪



どん底から一変、龍之介はヴィスと付き合い始める。
しかしある日、ふたりの関係がダニエルにバレてしまい!?怒濤の第2巻登場!(Renta!より)

前巻はこちら
高校生の龍之介は、常にモテる男前の父・ダニエルと二人暮らしをしている。
龍之介は知らされていないが、龍之介は14年前、ダニエルがある女性から託された子供だった。
気の置けない友達もいて、楽しい毎日を送る龍之介。けれど、ダニエルには言えない秘密を抱えていて……!?


SHOOWA先生の「パパ’sアサシン」シリーズ2作目。巻数表示はありませんが、続き物なので2巻ですね。

ギャク←→シリアスの振り幅が非常に大きいSHOOWA先生の、中間あたりに位置する作品だと思います。

私が一番好きなSHOOWA先生の作品は「向日性のとびら」なのですが、
そのあたりのシリアスな雰囲気もありつつ、適度にギャグもあって、現在まで非常に読みやすい作品という印象。

エロはあっさりめです。




***↓ネタバレあります↓***






パパへの報われない恋心を抱えたまま、パパの若い頃にそっくりなヴィスとこっそり付き合い始めた龍之介でしたが
殺し屋(ダニエル)の追尾スキルで2人の関係が見つかり、奪還されてしまった前回

今回は、ゲイをカミングアウトした龍が、ダニエルに「ゲイでも好き」(家族として)と言ってもらった一言で
ちょっと持ち直し → 龍之介出生の秘密がらみの襲撃からの海外逃亡…

というストーリー


そもそもパパは超SEXY

龍之介への愛が深すぎて、過干渉のオカン的な描かれ方だった1巻とうって変わって

2巻はパパのターンです。

本来のカッコイイダニエルが存分に大活躍。

日本での銃撃戦からの逃亡劇では
強くて頼りになるパパというかボディーガード的なかっこよさで

ダニエルが龍之介を預かった経緯が若干明らかになる過去編では
若かりしダニエルが、殺し屋のセクシーをまきちらしています。


思うんですが、SHOOWA先生は映画(特にフランス映画)がお好きなのかなと
セリフ回しやモノローグの入れ方
それになんといっても、セリフなしのコマの
表情や、手の動きで感情を表現する感じが、すごく映画的というか

ダニエルが眠る龍之介の髪にキスしたり
握った手を離す時の余韻のコマに
独特の空気感があって、その瞬間の彼らの気持ちを思うと
すごく切なくなってしまいます。


一方の龍之介は 腐ってもパパ好き


突然降ってわいた銃撃戦の最中でもパパのかっこよさに萌えたり
国外逃亡という普通じゃない状況の中でも
「ジェイ○ン・ボーンごっこを楽しむ」と、腹をくくって
パパを信じて黙って付いていくあたりがものすごく健気な龍之介。

奔放な性生活を送っているわりに
ダニエルにもらったぬいぐるみをいつも抱いていたり

レストランでダニエルに手を握られただけで、震えてしまうよな一面も
めちゃくちゃかわいいのです。


今のところパパはダニエルを息子として愛している(少なくとも本人の認識はそう)
のですが、これからどう変わっていくのか今後の展開に期待です。
龍之介の想いが報われる日は来るのでしょうか。


萌え という点においては

現在までの所、萌えるかどうかという点においては微妙です。

シリアスとギャグのどちらにも振れていないせいか
ときどき入ってくるシュールな世界感のせいか
(バナナ タツ子 カイワレ どれも面白いんですけど)

今のところどうも物語の中に完全に入りきれない というのが正直なところ。

あくまでシリアス好きな私の意見ですが…

ただ、萌えは少なくても
本筋(龍之介をめぐる陰謀)も、龍之介の恋も、ギャグも
どれも面白く、作品として大好きなので次巻も必ず読みます


↓こちらはシリアスオンリー




★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

スポンサーサイト
  1. 2015/08/13(木) 13:57:53|
  2. SHOOWA

イベリコ豚と恋の奴隷。 【SHOOWA】

トラウマ持ち虚弱ヤンキー × 一途大型犬ヤンキーの切ない恋


見た目はちょいワルだけど、ゴミ拾い活動をするエコな集団「イベリコ豚」。
リーダー・入江のお目付け役・吉宗は、人に話したくない過去がある。
後輩の源路は、そんな吉宗に随分長く報われない片想いをしてきた。
ひょんなことから身体の関係になったものの、セフレから先に進めない……心を手に入れたい源路と、
自分のトラウマを背負わせたくない吉宗…お互いを想う気持ちはすれ違って―――!?

先行配信記念!

ついに電子書籍で配信が始まりました、イベリコ豚と恋の奴隷。

SHOOWA先生作 「イベリコ豚と恋と椿。」の続編 というか、スピンオフというか…


ゴミ拾い集団「イベリコ豚」のリーダー・「イベリコさん」こと入江のお目付け役
(入江の暴走を身体を張ってとめる係)
吉宗(プラスチック担当) と 後輩の源路(資源ゴミ担当)のお話

前作で、身体の関係はできたものの
吉宗に「やるだけ」と宣言されてしまい、悶々とする源路

源路が求めれば拒みはしない吉宗ですが

吉宗のことが好きでたまらない源路の一途な思いに
素直に応えることができず、

2人の距離はなかなか縮まらないまま…


源路の一途でせつない片思いと
吉宗の重すぎるトラウマで
全体的にシリアスな仕上がりです。



吉宗の色気が

SHOOWA先生の描く影のあるキャラが好きですが
なかでも、吉宗は大好きなキャラ

吉宗は線が細くて、影があって
美人さんで…とってもセクシー

お風呂上りに髪を下ろした姿とか
オフのときは髪を束ねる位置がちょっと違ったりとか

色んな吉宗さんが見られます

なかでも、源路の背中に回しかけた手を途中でとめてしまうシーンや

源路にされたのを思い出しながら自分で鎖骨をなぞってしまうシーンは

ぐぐぐっと萌えます。

すこしずつ、源路への思いの変化がおこっているのですね。

普段は表情をあまり変えない吉宗が
思わず見せてしまうしぐさや表情に、萌えが詰まってました。


大悪魔 吉宗に振り回される源路

「やるだけ」と言われたり
(吉宗なりに、源路のことを考えて)
あろうことか性欲処理のために女子を紹介してみたり
(ここは本当に胸が痛かった…)

そのたび、傷ついてしまう源路

傷ついても、やっぱり吉宗が大好きなのが
健気で…

早くその愛の力で、吉宗の固く閉ざされた心を開いてやって欲しいと
心から思うのです。


イベリコ豚と恋と椿。

イベリコ豚と恋と椿。

イベリコ豚と恋と椿。

[著]SHOOWA

前作がまだの方はこちらから





★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

  1. 2015/08/04(火) 20:50:12|
  2. SHOOWA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。