FC2ブログ

日々BL(旧舘)

突如商業BLにハマったころりが感じたことを記録していきます。引っ越しましたので、こちらには当分更新情報を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女王と仕立て屋 【スカーレット・ベリ子】

年下ツンデレ女王様×黒髪中年三白眼仕立て屋

女王と仕立て屋(1)

女王と仕立て屋(1)

女王と仕立て屋(1)

[著]スカーレット・ベリ子


そのスーツを着た者は次々と成功を収めるという骨董通りにある伝説の仕立て屋――。
会社で行き詰まりを感じていた新進気鋭のインテリアデザイナー・大海は、そこでスーツをオーダーすることに。
仕事に誇りとやりがいを感じている店主・志田を見ているうち、彼から目が離せなくなってしまう。
『みのりの手』の著者が贈るナイーブな女王と不器用な仕立て屋のラブストーリー。(Renta!より)

先週のスカーレット・ベリ子先生祭りで購入した3作のうち
「四代目大和辰之」(レビュー済み)に続き、「女王と仕立て屋」です。


「その店のスーツを着たものは次々と成功を収める」
上司のうわさ話に(おそらくは)すがる思いで仕立て屋を訪れた大海は
そこで、目つきの悪い店主・志田と遭遇

高飛車な態度でオーダーをゴリ押ししようとする大海は
志田にまともに相手にもされず、店を飛び出してしまい…


20代若手デザイナーと中年の仕立て屋の
ちょっと不器用な恋のお話です。
(↑のあらすじのところに「不器用な仕立て屋」とありますが、手先不器用な仕立て屋の話ではないです
「『恋とか対人関係』不器用な仕立て屋」 という意味かと思われますので念のため)

この3作、好みでいうと

四代目大和辰之 > 女王と仕立て屋 > みのりの手

という順になります。
女王様もかわいいのですが、仕立て屋がとっても色っぽく
このキャラクターは非常に好みでした。



***↓ネタバレあります↓***







三白眼・中年・コワモテの受にギャップ萌

この仕立て屋さん 志田は一見歌舞伎町にいそうなちょっとコワモテの
中年男。

接客の態度も決して愛想良くはないのですが
仕事をしている時にふと見せる笑顔や
さりげなくくれる優しい言葉が
女王様のハートを射止めたようです。

私はボクサーパンツとヘンリーネックのTシャツに
うすいガウンを羽織っている姿に惚れました。

そして、こっちが受なんですね。
コワモテからのあまーい表情がとっても色っぽいです。


高慢で、落ち込みやすくて、かわいい女王様

女王様は、高慢なわりに落ち込みやすく
上がったり下がったりが忙しい男の子

そのせいで職場でも孤立しがち
ちょっと対人関係に問題がありますが
志田とつきあいはじめて、少しずつ変わっていきます。

高慢なのに、あわあわしたりモダモダしたり
この子のギャップもとってもかわいいです。

後半はあんまり女王感がなくなったのが残念
もっと女王キャラが強ければ、こちらが受でも良かったかな?


いろいろとはしょって展開しますが

そもそもは、仕事で行き詰った新進気鋭のデザイナーが
出世するスーツを作りにいったんですが
そんなものあるわけもなく…

これは大海の上司が志田の仕事振りを見せるために
大海に聞かせた架空の噂話なのでは?
と思ったりもしますが
そのあたりは謎のまま


新進気鋭のインテリアデザイナーというのが
ちょっとわかりにくくて戸惑ったことと
(社内での扱いが普通の若手デザイナーぐらいだったので)

仕事振りに惚れる→恋愛感情 までの大海の心の動きが読めなかったことと

志田はいったいいつ大海のことが好きになったの?ということと

そのあたりのことが結構省かれて
すらすらっと恋人になってしまったのが
ちょっと物足りないというか、腑に落ちませんが

ページ数の関係で、いろいろと収まりきらないこともあると思いますので

私はその辺差し引いても十分楽しく読めました。


四代目・大和辰之(1)

四代目・大和辰之(1)

四代目・大和辰之(1)





★★ブログ移転先→ 日々BL 新作などレビュー中です。



国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

スポンサーサイト
  1. 2015/08/03(月) 22:44:27|
  2. スカーレット・ベリ子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。